印刷 | 通常画面に戻る |

ロンドン秘密条約

第一次世界大戦に際してイタリアとイギリス・フランス・ロシアの連合国との間で締結された秘密条約。

 第一次世界大戦が1914年7月に始まると、イタリアはドイツ・オーストリア=ハンガリーとの三国同盟から、当然同盟国側に参戦するものと考えられていたが、参戦しなかった。口実は、三国同盟は防衛同盟であるのに、オーストリアがセルビアに対して宣戦したのは攻撃に当たるから、イタリアには参戦の義務はない、というものであったが、実はイタリアはイギリスなど協商側と極秘に交渉し、1915年4月にこの秘密条約を締結したのである。この条約ではイタリアには連合国(協商国)側に参戦することを約束する代わりに、オーストリアに支配されている未回収のイタリアといわれたイタリア人居住地とそれ以外の新たな領土を割譲される保証を得た。これによってイタリアは同年5月、連合国(協商側)に参戦した。

イタリア割譲が密約された地域

 ロンドン秘密協定でイタリアに割譲が認められたのは次の地域であった。
・ブレンネル峠を境界とする南チロル。 ・トリエステを含むイストリア半島。 ・ダルマティアの一部。 ・アルバニアのヴァロナ湾。 ・オスマン帝国領小アジアの一部。 このようにイタリア人居住地には限定しない、広い範囲を含んでいた。
 同盟国側でもイタリアが連合国側に回るのは致命的な痛手であるので、ドイツはオーストリアに対し、シュレージェン(かつてプロイセンが普墺戦争でオーストリアから奪った土地)の一部の返還とひきかえに南チロルをイタリアに譲ることを迫った。オーストリアもやむなくそれに応じ、秘密裏にイタリアと交渉を開始しようとしたが、すでにイタリアはよりよい条件でイギリスなどと密約を交わしていた。
 イタリアは三国同盟には加わったものの、1870年の独立時に、トリエステ・イストリア・南チロルなどのイタリア人居住地が以前としてオーストリア領に残されていることに不満だった。しかし、このとき同時にイタリア領とされることに密約されたダルマチア地方は南スラヴ系のクロアティア人やスロヴェニア人が多数居住しているので、第一次世界世界大戦後の線引きが問題となる。第一次世界大戦後にはトリエステはイタリア領となったが、第二次世界大戦後にはユーゴスラヴィア(現在はスロヴェニア)と分割することになった。イストリア半島、ダルマティア地方はユーゴスラヴィア領とされ、現在はクロアティア領となっている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 イ.戦時外交と総力戦