印刷 | 通常画面に戻る |

米中関係の改善

ベトナム戦争の有利な終結を模索したアメリカが、それまでの中国敵視政策を改め、接近をはかり、1972年のニクソン訪中、79年の米中国交正常化を実現した。

 「1969年一月に就任したニクソン大統領は、キッシンジャー大統領補佐官とともに、泥沼化したベトナム戦争からの「名誉ある撤退」を真剣に模索し始めた。同時に強大化するソ連の軍事的プレゼンスを前に、冷戦枠組みの再編成が必要と認識するようになり、中ソ対立の亀裂にその糸口を見るようになった。」

ピンポン外交

 水面下の交渉を重ね、1971年に重大な転機を迎えた。4月には名古屋での世界卓球選手権大会終了後、アメリカチームを北京に招待、いわゆるピンポン外交を行った。7月秘密裏にパキスタン経由で北京入りしたキッシンジャーは中国の国務院(内閣)総理周恩来と会談を行い、翌72年の早い時期にニクソン大統領が訪中することで合意した。7月16日この計画が米中の当局から突如として世界に流され、世界に衝撃を与えた。まさに「ニクソン・ショック」と呼ばれるほどの衝撃であった。

国連中国代表権問題の解決

 それから3ヶ月後には国連で、中華人民共和国を中国代表として国連に迎える「アルバニア案」が賛成多数で通過し、中国の国連代表権問題も一気に解決した。この結果、中華民国政府(台湾)は国連の中国代表権を失い、国際連合から追放された。

ニクソンの訪中

 ついで1972年2月、ニクソン大統領の訪中が実現し、毛沢東と会談し米中共同宣言を発表した。  最終的には1979年に正式な米中国交正常化が行われる。<天児慧『中華人民共和国史』1999 岩波新書 などによる>

米中接近の事情

 両国には次のような両国の思惑があった。
・アメリカ側=ベトナム戦争の泥沼状態から脱却し、新たなアジア戦略を構築する。
・中国側=中ソ対立が依然として続いており、アメリカと接近してソ連を牽制する。

米中接近の影響

 またアメリカと中国の接近は、ベトナム戦争を集結させる前提となったが、アメリカとの厳しい戦いを勝ち抜いたベトナム社会主義共和国は、アメリカに接近した中国に不信感を持つようになり、ソ連との協力関係を強める。中国とベトナムの対立は1979年の中越戦争に発展する。 → アメリカの外交政策 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和