印刷 | 通常画面に戻る |

閔妃/閔氏

朝鮮王朝の王妃。高宗の王妃となったことで一族が登用され、大院君の引退後、1875年ごろから閔妃及び一族が実権を握ようになった。その後、清・ロシアと結びながら日本の影響力除外に努める。日清戦争後の1895年、日本人軍人らにに殺害された。

 閔妃(1851-1895)は日本では「びんひ」と読むことが多いが、韓国語発音では「ミンビ」。朝鮮王朝(李朝)の高宗の王妃。幼名は紫英と伝えられているが、朝鮮では結婚してからもとの姓に○氏夫人をつけて呼ばれるだけなので、彼女も「高宗の閔氏夫人」といわれるだけで名は伝えられていない。その死後に諡号(追贈される称号)として明成皇后という。閔氏は京畿道驪州の地方豪族(両班)で、彼女は叔母が大院君夫人であったことから選ばれて1866年に高宗の正妃となった。高宗は12歳、閔妃は13歳であった。

高宗の親政

 高宗は1863年に即位していたが、まだ幼少であったので、父の大院君が政治の実権を握り、積極的な内政改革と対外強硬策(鎖国策)がとられていた。大院君は民衆の人気も高いことを背景に独裁的な政治を行ったので、次第に官僚層から忌避されるようになり、1873年に高宗が成人したことによって大院君は引退させられ、高宗の親政となった。代わって王妃の出身氏族である門閥貴族の閔氏一族が、要職に登用されるようになった。王妃の一族が国政の実権を握ることは朝鮮王朝でもたびたび繰り返され、それは世道(あるいは勢道)政治と言われて朝鮮の政治を停滞させる要因となっていたが、閔氏政権もそのような世道政治の復活と見られた。しかし当初は高宗の独裁的な面が強く、閔妃の政治介入も強くはなかった。
危機の中の閔氏政権 しかし、70年代後半から80年代は朝鮮にとって外圧と内政の困難が深刻となり、朝鮮王朝の危機が続いた。その間、高宗の姿勢も、開化と保守の間でゆらぎ、また朝鮮に介入する清、日本、ロシアの三国との関係も定まらず、常に変動し、その中で、賢明な判断をする閔妃が次第に宮廷で重きをなし、その一族も大きな力をもつようになり、80年代~90年代には閔氏政権ともいわれるようになる。しかし閔氏政権もその政治的姿勢には一貫したものはなく、特に対外的には清、日本、ロシアに引きずられる面が多かった。また権力から退いたとは言え、大院君は閔妃・閔氏一派とは常に敵対して復帰の機会を狙い、政治的緊張が続いた。そのため閔妃自身も何度か政変に巻き込まれ、危険な状況に直面したが、最後は1895年に日本公使館の差し向けた暴徒によって殺害されるという最後を迎える。
 朝鮮の危機そのものを体現していたとも言えるその波瀾にみちた生涯の中から、重要事項を述べてみよう。

壬午軍乱

 高宗・閔氏政権が開国政策に転じ、1876年日朝修好条規を締結して日本に対する開国に踏み切ったことで、宮廷内でも開化派が台頭し、日本の指導で新たな国王親衛部隊が編制されるなど、改革が進んだ。しかし、開国によって米穀が不足して旧来の部隊の兵士への給付が遅れたことをきっかけに、1882年7月10日に壬午軍乱が勃発した。この時は大院君が復活し、閔氏一族は一時排除され、閔妃も危機に陥った。しかし、清がただちに介入し、大院君は天津に拉致されたので閔妃政権は復活することができた。

Episode 王妃は生きていた!

 1882年7月、壬午軍乱を起こした兵士や民衆は、その怒りを閔氏一族ととの頂点にいる閔妃に向けた。大院君に煽動された暴徒は、王宮内に乱入し閔氏の重臣を引き出して殺害、さらに日本公使館を焼き打ちし、閔妃を捜し求めた。しかし、閔妃の死体は見つからないまま、7月24日に大院君は閔妃は死去したので葬儀を行うと発表、28日に葬儀を強行したが、その棺に遺体はなく、代わりの衣服だけが入っていた。役人たちはその衣服の入った棺の前で「哭礼」、つまり大きな泣き声を上げてその死を弔う儀式を行った。
 閔妃は実は生きていた。昌徳宮に暴徒が乱入したとき、王妃は捕らえられそうになったが、警備に当たっていた洪在羲という兵士が機転を利かして自分の妹の尚官(サングン、女官)だと言いはり、王妃を背負って逃げだすことに成功したのだった。宮中を逃れた閔妃は故郷の同族、閔氏の家に匿われた。大院君は閔妃の遺体が見つからないまま、死んだことにして葬儀を強行したが、事態は暗転した。8月23日に事件に介入した清軍は漢城に入り、27日強引に大院君を拉致し天津に連行してしまい、政権はもとに戻された。故郷に隠れていた閔妃は清軍に守られて9月7日に漢城に戻った。わずか一ヶ月前に「死せる閔妃」とされた閔妃が、今度は「生ける閔妃」として遷宮したのだった。<木村幹『高宗・閔妃』2007 ミネルヴァ書房 p.134-144>

甲申政変

 壬午事変は清の介入によって鎮定され、高宗と閔妃も清軍に守られて政権に復帰した。そのため、それ以後は清の朝鮮に対する宗主権は強化されることになった。そのもとで、開化派の中の穏健派が清の意向に添って政治を担当するようになったが、清の宗主権から脱して日本にならった改革を実施したと考えていた金玉均や朴泳孝は次第に政権から除外され、焦りを強めていった。かれらは1884年12月に甲申政変(甲申事変)といわれるクーデタを実行した。一時権力をにぎった急進派によって閔氏一族は再び政権から追われたが、この時も清軍が介入してクーデタを支援した日本軍を破り、閔氏も政権に復帰した。閔妃は、壬午軍乱と甲申政変の二度にわたり、清によって危機から救われたことになり、清に対する思いは強くならざるを得なかった、と思われる。

政治的発言を強める

 閔妃は公的には政治的な地位にあったわけではなく、王宮の内廷において王妃として存在することで国王高宗に強い影響を与え、また内廷に王妃の親戚として出入りすることのできる閔氏一族を高官に取り立て、間接的に政治を動かしていた。しかし、甲申政変後になると、王宮における王が臨席する閣議において、王の後ろの簾の中から国王に指図し、国王がそれに従って発言する場面が多くなったという。そしてやがてその明晰な発言は、国王を凌いでしばしば直接、高官や役人を動かすようになった。

日清戦争と甲午改革

 1894年2月に甲午農民戦争が勃発し、日清両軍は朝鮮に出兵した。日本は朝鮮王宮を占領して高宗に清に対する撤退命令を出させて清との開戦に踏み切ると共に、朝鮮王朝政府から閔妃一族や親清派を排除し、またまた大院君を担ぎ出して政権を担当させた。その上で日本公使井上馨は実権を親日的な開化派金弘集に握らせ、事細かに改革を要求した。この日本にならった甲午改革によって科挙の廃止、両班身分の廃止、財政の近代化など画期的な政治の近代化が図られたが、高宗と閔妃は従来の国王による専制政治の幅が強く狭められることに強い不満を持った。

ロシアへの接近

 日清戦争で清が敗北すると、宗主国としての清は失墜し、日本が主導権を握って甲午改革を実行し、そのまま日本の朝鮮に対する権益が強まるかに思えたが、その状況を一気に転換されたのが、ロシアがフランス、ドイツを巻き込んで三国干渉であった。日本がロシアに押されて清に遼東半島を返還したことは、アジアにおける日本とロシアの力関係を、一気にロシア優位に転換させた。  日本の介入に不満であった高宗・閔妃と閔氏一族は急速にロシアに接近、ロシアも様々な手段で政権に食い込んでいった。その動きを危ぶむ日本政府は、公使三浦梧楼らが暗躍し、1895年10月、日本軍人を含む暗殺隊を宮中に侵入させ、それによって閔妃は暗殺された(閔妃暗殺事件)。<未定稿>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

角田房子
『閔妃暗殺』
1988 新潮文庫

木村幹
『高宗・閔妃』
2007 ミネルヴァ書房