印刷 | 通常画面に戻る |

クレイステネス

前6世紀末アテネで民主政治の実現に向けての改革を行った政治家。

前6世紀末のアテネの政治家で、前508年に「クレイステネスの改革」を実施し、民主政を完成させた。前510年、アテネの僭主政が倒れた後、ふたたび貴族(平野党)と平民(海岸党)の争いが起こったが、平民の支持を受けたクレイステネスが、スパルタ軍の支援を受けた平野党を破り、前508年に権力を握った。クレイステネスはただちに僭主の出現を防止し、民主政を確立させるために改革を実施した。クレイステネスの改革は次のような内容が重要である。
1.従来のアテネの血縁的な4部族制を改め、デモスを単位とする地縁的な10部族制に改めた。各部族から1名、計10名の将軍職(ストラテーゴス)を選出した(後に将軍職が重要なポストとなる)。
2.各部族50人の評議員から成る五百人評議会を設けた。(五百人評議員会の議員は、10部族から各50名を抽選し、任期1年とした。民会への議案の事前審議と、行政にあたる。)
3.僭主の出現を防止するため、陶片追放の制度を創設した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 カ.民主政へのあゆみ