印刷 | 通常画面に戻る |

リキニウス・セクステウス法

前367年、古代ローマでコンスルの一人を平民から出すことなどを定めた法律。

前367年、護民官であったリキニウスとセクスティウスの二人が元老院を通過させ制定された法律。三つの法からなる。(一般に1と2の二項が取り上げられる。)
(1)コンスルの一人を平民(プレブス)から出すこと。
(2)公有地の占有面積を一人最大500ユゲラ(約125ヘクタール)に制限した。
(3)負債の返却に関する法律。
これによって平民の地位は実質的に貴族と同じく成り、これによって平民の身分闘争は大きく前進した。また公有地の占有制限により、平民の没落防止がはかられた。(3)も平民の社会的地位の安定をめざしたもの。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ア.ローマ共和政