印刷 | 通常画面に戻る |

ホルテンシウス法

前287年、古代ローマで平民会の決議を国法とすることを定めた法律。ローマの身分闘争は終結し、共和政体が完成した。

 平民(プレブス)の出身で、独裁官(ディクタトル)であったホルテンシウスが、前287年に制定した。平民会の決議は元老院の承認が無くとも、ローマの国法とされることとなった。これによって前5世紀から続いた貴族と平民の身分闘争は終結し、平民が貴族と台頭の権利を獲得し、ローマ共和政は完成の時期を迎えた。

経過と背景

 都市国家であった古代のローマでは、貴族共和政のもとで、貴族(パトリキ)の権力独占に対する平民(プレブス)の反発から、身分闘争が続いていたが、前367年にリキニウス・セクスティウス法が制定され、最高官のコンスルの一人を平民出身とすることなどが定められて、両者の法的身分がほぼ平等となり、また平民の没落を防止する措置が執られて、重装歩兵市民団の分裂回避がはからるようになった。
 こうして態勢を整えたローマは半島統一戦争を押し進め、サムニウム戦争の勝利によって前290年までに中部イタリアを支配するまでになった。
 新たな領土は有力者に分配されたため、平民の中の貧富の差が再び拡大し、不満を持った一部の平民がローマから離脱する動きを見せ始めた。その危機を克服する課題に向かった独裁官(ディクタトル)に就任したホルテンシウスは、平民会の決議を元老院の承認が無くともローマの国法とするという法律を成立させ、平民の離脱、反抗を防止することに成功した。おそらく平民の負債の解消に関する改革も行ったと思われるがその内容は伝わっていない。

平民会の国制機関化

 ホルテンシウス法によって平民会の決議が国法とされることになったことにより、ローマ市民全体を拘束することになることから、パトリキ(貴族)も出席するようになった。全市民が参加することになると、投票単位はトリブス(区)とすることになるので、平民会は「トリブス会」といわれるようになり、国制上の正式の民会となった。(平民会はそれまで平民=プレブスだけをこうするものだったので、正式な国政上の民会とは認められていなかった。)
 平民会はもう一つの民会である兵員会よりも手軽に開催できので、立法機関として使われるようになり、平民会の議長である護民官元老院に出入りするようになった。護民官にはプレブス出身者も選出されたので、プレブス出身者が元老院の議員となることもできるようになった。<村川堅太郎他『ギリシア・ローマの盛衰―古典古代の市民たち』初版1967 再刊1993 講談社学術文庫 p.142 などによる>
 ホルテンシウス法の制定によって、リキニウス・セクスティウス法制定以来、プレブスに対する高官の開放が進み、プレブスの中に形成されてきた新貴族(ノビレス)の権力獲得が近づいた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ア.ローマ共和政
書籍案内

村川堅太郎他
『ギリシア・ローマの盛衰』
初版1967 再刊1993
講談社学術文庫