印刷 | 通常画面に戻る |

身分闘争

前5~3世紀初めに展開した古代の都市国家ローマでの貴族と平民の抗争。

前5世紀から前3世紀初めにかけて、都市国家ローマで展開された、貴族(パトリキ)平民(プレブス)の身分をめぐる闘争。貴族(パトリキ)と平民(プレブス)の身分的な違いははじめの頃は明確ではなかったが、紀元前5世紀初めまでにいわゆる「パトリキの封鎖」がおこなわれ、貴族と平民の結婚ができなくなり、貴族が政治と祭事を独占する体制ができあがった。それに対して平民は団結し、前494年の聖山事件をおこした。貴族も対外戦争を進める上で、平民に譲歩する必要があり、平民会の議長として護民官を設けることを認めた。それ以後、次第に平民の権利を認めるようにになり、前451年に最初の成文法である十二表法が制定され、前445年のカヌレイウス法によって両者の通婚も認められるようになった。前367年にはリキニウス=セクスティウス法の制定をへて、前287年のホルテンシウス法の制定で決着をみ、両者の関係は対等となる。平民出身で貴族と並んでコンスルなどの高位に就いたものは元老院議員として世襲的な特権を持つようになり、新貴族(ノビレス)と言われるようになる。この間は、同時に都市国家ローマが膨張し、イタリア半島を統一する半島統一戦争が進み、さらにポエニ戦争などによって海外領土を獲得して大国となっていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ア.ローマ共和政