印刷 | 通常画面に戻る |

拓跋氏

鮮卑の中の一部族。拓跋圭が出て、396年に北魏を建国した。

 鮮卑の有力部族。2世紀後半から鮮卑の中で最も有力となった部族。拓跋氏出身の拓跋珪は396年に北魏を建国し初代皇帝道武帝となった。五胡十六国の分裂を終わらせ、439年には華北を統一した。その後、拓跋氏一族は北朝の各王朝、さらにそれを継承した隋と唐で政治的な支配層を形成したので、それらの国家を拓跋国家と言う場合もある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代