印刷 | 通常画面に戻る |

三ハン国の分立

広大なモンゴル帝国に1240年代~70年代にいくつかのハン国が分立した。元を宗主国とする一体性は維持されたが、14世紀には、元とキプチャク、チャガタイ、イルの3ハン国に分かれ、抗争した。

 モンゴル帝国の統治者大ハンの地位は、チンギス=ハンの血を引く一族の優れた者が、クリルタイの全員一致の推戴によって就任することとなっていた。1227年にチンギス=ハンが亡くなると、その地位をめぐって、4人の息子(ジュチ、チャガタイ、オゴタイ、トゥルイ)の間でまず争いが起こり、1229年には第2代にオゴタイが選出されたが、その後も内紛が絶えなかった。第3代はオゴタイの子グュクが継いだがすぐに死去(毒殺の疑いもある)、1251年、第4代にはトゥルイの子モンケが即位した。
 モンゴルの国家はモンゴルではウルスと言われ、全体のモンゴル国家は「大モンゴル=ウルス」と言われたが、分立した国家もそれぞれウルスといわれた。

ウルスの分立

 このとき、オゴタイとチャガタイの一族は中央から排除され、それぞれ独自のハン国を形成した。しかしオゴタイ=ハン国は間もなく消滅し、チャガタイ=ハン国(チャガタイ=ウルス)も大きな勢力ではなかった。またジュチ(チンギス=ハンの実子ではないといううわさもあった)一族も中央から遠ざけられて西方に拠点を移し、その子バトゥがロシア遠征を行い、1243年にキプチャク=ハン国(父の名を取ってジュチ=ウルスという)をつくった。モンケ=ハンの弟フラグは西アジアに遠征、中央で第5代に兄のフビライ=ハンが就任すると、そのまま1258年にイル=ハン国(フラグ=ウルス)をつくってとどまった。本家フビライ=ハンは拠点を中国支配に移し、1264年に都を大都(現北京)に移し1271年には国号を中国風に(大元ウルスという)と改めた。
 この分立は、広大な領土を一族で分割統治するためのものであり、あくまで本家の元を宗主国として、他のウルスはそれに従属しており、この段階でモンゴル帝国が分裂したのではないことに注意しよう。

3ハン国=ウルスの分立

 こうしてモンゴル帝国は元とハン国(ウルス)に分かれることとなり、次第に独自性を強め、互いに争うようにもなる。フビライ=ハンに対しては、オゴタイ家のハイドゥのように反発する勢力も多く、フビライ=ハンの死後、1300~05年のハイドゥの乱が起こった。ハイドゥの乱が鎮圧されてからはモンゴルと中国を支配する本家で大ハンの元と、中央アジアのチャガタイ=ハン国、西アジアのイル=ハン国、カザフ草原からロシアにかけてのキプチャク=ハン国という3ハン国が分立した。
 これらのハン国=ウルスは、対立しつつも共生する関係であり、モンゴル人の支配という秩序が成立し、14世紀前半まではタタールの平和(パクス=モンゴリカ)といわれるユーラシアの安定がもたらされた。

参考 「4ハン国」とは言わなくなっている

 モンゴル帝国を構成するハン国は、従来、オゴタイ=ハン国、チャガタイ=ハン国、キプチャク=ハン国、イル=ハン国を並べて「4ハン国」と言っていたが、最近の研究では、オゴタイ=ハン国はすぐに滅びて実体がなかったとしているので除外し、「3ハン国」とし、またモンゴル語で国を表す「ウルス」という用語も高校の教科書に見られるようになっている。ハン国=ウルスは固定的なのもではなく、実際のウルスは常に変動した。一貫してウルスとして定着したのは、大元ウルスと西のジュチ=ウルス(キプチャク=ハン国)、フラグ=ウルス(イル=ハン国)だけである。<杉山正明『モンゴル帝国の興亡』1996 下 講談社現代新書 p.67>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国
書籍案内

杉山正明『モンゴル帝国の興亡』下 講談社現代新書