印刷 | 通常画面に戻る |

ヴァチカン

ローマ市内のサン=ピエトロ大聖堂に隣接する、ローマ教皇庁の所在地。

 ローマサン=ピエトロ大聖堂に隣接するヴァチカン宮殿にローマ教皇は居住するので、ヴァチカンが教皇庁を意味するようになる。その起源は、1世紀の中ごろ、ネロ帝の迫害で倒れたペテロの墓所であるという。その地は349年にサン=ピエトロ大聖堂が建てられ、カトリックの総本山となった。その後、教皇のバビロン捕囚や教会の大分裂など、教皇がローマを離れた時期もあるが、ヴァチカンはカトリックの中心地として続いた。
 その間、教皇は一国の君主としても教皇領を支配していたが、近代に入りイタリア統一の気運が高まって1870年には教皇領はイタリア王国に併合された。しかし、ローマ教皇はイタリア王国がローマ教皇領を占領したことに反発、両者の深刻な対立が続いた。この対立をローマ問題という。

ヴァチカン市国

ラテラン条約でイタリアから分離して国家となったローマ教皇居住区。

ヴァチカン市国国旗
 ヴァティカン、バチカンとも表記。1929年のローマ教皇庁とイタリア政府(ムッソリーニ政権)との間で締結されたラテラノ条約によって成立した国家。ローマ市内のヴァチカンの丘にあるサン=ピエトロ大聖堂を中心とした一画で、面積0.44平方キロメートル、人口802人(2007年)の世界最小の国家。元首はローマ教皇(2013年3月、即位の第266代即位のフランシスコ)。
 ヴァチカン市国は国際連合には加盟していないが、カトリック全体の統治機構である教皇庁が、教皇聖座(Holy See)としてオブザーバー参加している。カトリック信者は全世界で10億を超えており、その代表としてのローマ教皇の国際政治での発言も大きな影響力をもっている。

Episode ヴァチカンの衛兵

 ヴァチカン市国には軍隊はないが、中世以来、ローマ教皇を守る衛兵がいる。彼らはスイス人が傭兵として雇われた中世以来の伝統を継承し、現在でもスイス人が衛兵を務めている。またヴァチカンのスイス人衛兵の征服は、ミケランジェロがデザインしたカラフルなものである。