印刷 | 通常画面に戻る |

日独伊三国同盟/日独伊三国軍事同盟

1940年9月、日本・ドイツ・イタリア、枢軸国三国の軍事的攻守同盟。アメリカ合衆国を仮想敵国とするもので、第二次世界大戦をアジアに拡大する前提となった。

 第二次世界大戦のさなか、1940年9月27日、ベルリンで調印された。これは、1936年に締結された、日独防共協定(翌年イタリアが参加し日独伊防共協定)での枢軸国三国の反ソ連、反コミンテルンでの協力協定を、第二次世界大戦の勃発に対応してさらに強くしたいというドイツの要求と、中国進出後に深まったアメリカとの対立に備えたい日本近衛文麿内閣の思惑が一致し、それにイタリアを加えて締結された軍事同盟である。この相互軍事同盟によって、ヨーロッパとアジアが一つの戦場として結びつけられる前提が成立した。
 日独伊三国同盟の内容は、
  1. ヨーロッパにおける独伊と、大東亜における日本の、それぞれの新秩序建設においての指導的地位を相互に認め、尊重しあうこと、
  2. そのための三国の相互協力と、いずれか一国が現在交戦中でない他国に攻撃されたときは、三国はあらゆる政治的・経済的・軍事的方法により、互いに援助すること、
  3. 前記の条項は三国それぞれとソ連との間の状態には影響を及ぼさないこと、
  4. 有効期間は10年とすること、など。

日独伊三国同盟の意味と意図

 ポイントは日本・ドイツ・イタリア三国の攻守軍事同盟である点である。第2項の「現在交戦中でない他国」とは明らかにアメリカを指しており、要するにアメリカに攻撃されたときは三国は協力するという、アメリカを共通の仮想敵国としたのがその意味であった。またその意図も、日本が南進策をとり東南アジア方面に進出ることによってアメリカ・イギリスと対決せざるを得ないことを想定されたことにある。かつての日独伊三国防共協定は、ソ連共産主義に対する共同防衛がその目的であったが、この三国同盟はアメリカを仮想敵国としたものであった。実際日本は、この4日前にすでに北部仏印進駐を行い、南進の姿勢を明確にしていた。
 そのためには、ソ連との良好な関係を保つ必要があるので、松岡洋右外相ははじめソ連を三国同盟に加えて、日独伊ソ四国同盟とする構想を持っていた。しかしそれはヒトラーの支持を得られなかったのであきらめ、単独でソ連と交渉して41年4月に日ソ中立条約を締結した。スターリンはドイツとの対決を不可避と考えていたので、日本との対立を不利と考え、それに同意した。

日本国内の反対論

 日本側は第2次近衛文麿内閣の外相松岡洋右が推進役であったが、日本がドイツ・イタリアのファシズム国家と軍事同盟を締結することは、アメリカとの全面戦争を不可避とすることであり、その場合日本の国力から言って勝利は困難である、したがって日独伊三国同盟には反対するという議論はけっこう多かった。海軍の山本五十六元帥は
(引用)実に言語道断だ。これから先どうしても海軍がやらなければならんことは、自分は思う存分準備のために要求するから、それを何とか出来るようにしてもらわなければならん。・・・結局自分はもうこうなった以上、最善を尽くして奮闘する。そうして、「長門」の艦上で討ち死にするだろう。その間に、東京あたりは三度くらいまる焼けにされて、非常にみじめな目に会うだろう。結果において近衛だのなんか、気の毒だけれども、国民から八つ裂きにされるようなことになりゃせんか。実に困ったことだけれども、もうこうなった以上はやむをえまい。<黒羽清隆『太平洋戦争の歴史』2004 講談社学術文庫 p.24>
と言ったという。日独伊三国同盟から日米戦争となり、日本が敗北するであろうと予測した山本五十六の見通しの正しさはよく引用されるが、それでもやむなく戦わざるを得なかったというのは、いささか破れかぶれな話ではある。山本五十六自身は1943年4月18日、ソロモン上空で撃墜され戦死した。近衛文麿は敗戦後、青酸カリを服用して自殺した。

日独伊三国同盟の拡大

 ナチス=ドイツは1940年9月27日の日独伊三国同盟の締結後、10月にルーマニアに侵入して圧力をかけ、11月にハンガリールーマニアスロヴァキアを日独伊三国同盟に加入させ、衛星国とした。さらに41年3月1日、ドイツ軍はブルガリアに侵入して同じく三国同盟に加入させた。これらのヨーロッパ中央部へのドイツの侵出は、ソ連との決戦に備えるという意味があった。 さらにヒトラーはユーゴスラヴィア王国に圧力をかけ、三国同盟への加入に同意させ、それに反対した軍部などの反ドイツ勢力がクーデターをおこして親ドイツ政権が倒されたのを受け、4月にバルカン侵攻を開始、ユーゴスラビア、ギリシアを制圧する。このようなドイツの動きを警戒したソ連のスターリンは、日本の働きかけに応じて同じ4月に日ソ中立条約を締結、その動きに備えたが、6月22日のドイツ軍の奇襲を察知することが出来ず、独ソ戦では当初の苦戦を強いられることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ウ.独ソ戦と太平洋戦争
書籍案内

黒羽清隆
『太平洋戦争の歴史』
2004 講談社学術文庫