印刷 | 通常画面に戻る |

オリエント

西アジアからエジプト・東地中海岸を含み、インダス川流域に至る地域。広い意味では西洋から見た東洋を意味する。一般にオリエント文明と言った場合は、メソポタミア文明とエジプト文明を両輪として展開し、アッシリア帝国、ペルシア帝国で統一された世界を言う。

 古代オリエント世界は、地域的には西アジアからエジプト・東地中海岸を含み、インダス川までむ範囲をいい、時期的には前7000年紀の肥沃な三日月地帯における農耕・牧畜の開始に始まり、紀元前4000年紀末のシュメール人の都市国家文明が成立からバビロニアやエジプト王国の成立、アッシリア帝国によるオリエントの統一、アケメネス朝ペルシア帝国の統一を経て、アケメネス朝がアレクサンドロス大王によって滅ぼされる前330年までをいう。アレクサンドロスの帝国以降は一般的に、ヘレニズム時代とする。

「オリエント」の意味

 オリエントとはローマから見て、「太陽の昇るところ」の意味であったが、現在でも英語で Orient とは「東洋」を意味する。ヨーロッパでは広い意味のオリエントに、モロッコからエジプトを経て、インド、中国、日本を含めており、近代以降は「オリエンタリズム」と言われる「東洋趣味」または「東洋学」が存在している。
質問 では、オリエントの反対語、つまり西洋を意味する言葉はなんでしょう。答はこのページの末尾に。
 「東洋」の意味としてのオリエントという言葉は非常に広い範囲を含んでいるが、世界史の学習で「オリエント」といった場合の概念は、小アジア(現在のトルコ)とエジプトから以東、イラク、パレスチナ、サウジアラビアを含め、イランからインダス川までとするのが一般的である。

オリエント文明

 オリエント文明の中核は、ティグリス・ユーフラテス川流域のメソポタミア文明と、エジプトのナイル川流域のエジプト文明との二つの文明から成り、それぞれ別個に、ときにエジプト文明はメソポタミア文明の影響を受けながら、発展し、それぞれに国家を形成させ、さらにその中間の、東地中海岸のシリアパレスチナ地方は両者の中継地として文化を形成していった。また、西方のエーゲ海域に前3000年紀に現れたエーゲ文明にも影響を与え、閉校して深い関係をもっていた。



オリエント史のまとめ

メソポタミアの統一 メソポタミアでは、まず前4000年紀までに、青銅器文明に入ったシュメール人都市国家が成立、それ以降、アッカド人の支配を経て、アムル人バビロニアがはじめてこの地域を統一した。
エジプト エジプトでは前3000年頃、古王国がナイル川流域を統一し、その後、王朝交替を繰り返し、中王国の終わりには一時、外来のヒクソスに支配された後、前1500年代にエジプト新王国が成立して全盛期となった。
民族移動期 前2000~前1200年頃、西アジア・東地中海を覆う民族移動の波が押し寄せ、鉄器をもたらしたヒッタイト小アジアに建国、メソポタミアにはカッシートミタンニアッシリアエラムが分立し、ヒッタイトはエジプト新王国と対抗した。
東地中海岩の新しい動き  1200年頃には海の民が地中海方面からオリエントに侵入し、ヒッタイトとエジプト新王国という当時の国際秩序の柱がその影響で崩れた。その混乱のなかで、東地中海岸地方にアラム人は陸上貿易とアラム文字、フェニキア人は海上貿易とアルファベットヘブライ人は一神教のユダヤ教といった新しい要素をオリエントにもたらした。
オリエントの統一 ついで、強大となったアッシリアは、急速にオリエント世界の統一に乗り出し、前9世紀にはじめてメソポタミアとエジプトを併せたアッシリア帝国を成立させた。しかしこの初めての世界帝国は、強権的な支配を行ったために諸地域の反発を受けてすぐに滅亡した。
四国分立時代 オリエントは新バビロニア王国メディア王国リディア王国、そしてエジプトという四国分立時代となった。この前6世紀には、オリエントの西方のエーゲ海域では盛んにギリシア植民活動が行われ、ポリス民主政の時代を準備しつつあった。
ペルシア帝国 この分立時代を終わらせたのが、メディア人の支配から自立したイラン人が作ったアケメネス朝ペルシア帝国であった。アケメネス朝はオリエント文明を総合するような文化を形成したが、その西方で新たな都市文明を形成していたギリシアを征服しようとペルシア戦争(前500年~前449年)を起こしたが失敗した。ペルシア帝国はアレクサンドロス大王によって、前330年に滅亡した。
ヘレニズム アレクサンドロス大王死後は、オリエントにはセレウコス朝シリアプトレマイオス朝エジプトの二つのギリシア系国家を中心に、ヘレニズムの時代を形成することとなる。

 オリエントに対して西洋を意味する言葉は、オクシデント、英語で Occident です。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 ア.オリエント世界の風土と人びと
書籍案内

大貫良夫他『人類の起源と
古代オリエント』
世界の歴史 1 1998
2009 中公文庫版

前田徹他『歴史学の現在
古代オリエント』
2000 山川出版社