印刷 | 通常画面に戻る |

オリエント

西アジアからエジプト・東地中海岸を含む地域。広い意味では西洋から見た東洋を意味する。

 古代オリエント世界は、地域的には西アジアからエジプト・東地中海岸を含む範囲をいい、時期的には前7000年紀の肥沃な三日月地帯における農耕・牧畜の開始に始まり、紀元前4000年紀末のシュメール人の都市国家文明が成立からバビロニアやエジプト王国の成立、アッシリア帝国によるオリエントの統一、明け牝町ペルシア帝国の統一を経て、それが前330年に滅亡するまでをいう。
 西アジア(中東)のティグリス川・ユーフラテス川流域にメソポタミア文明が、エジプトのナイル川流域にエジプト文明がそれぞれ別個に(エジプト文明はメソポタミア文明の影響を受けながら)発展し、それぞれに国家を形成させ、その中間にある東地中海岸のシリアパレスチナ地方は両者の中継地として独自の文化を形成する。ついでアッシリア帝国アケメネス朝ペルシア帝国によってこれらの地域が統一される。これらを綜合してオリエント文明ととらえる。オリエント文明はその後、アレクサンドロスの帝国の成立によってギリシア文明と融合して、ヘレニズムを形成することとなる。

「オリエント」の意味

 オリエントとはローマから見て、「太陽の昇るところ」の意味であったが、現在でも英語で Orient とは「東洋」を意味する。「東洋」にたいする「西洋」を意味する英語は Occident である。ヨーロッパでは広い意味のオリエントに、モロッコからエジプトを経て、インド、中国、日本を含めており、近代以降は「オリエンタリズム」と言われる「東洋趣味」または「東洋学」が存在している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 ア.オリエント世界の風土と人びと
書籍案内

前田徹他『歴史学の現在 古代オリエント』
2000 山川出版社