印刷 | 通常画面に戻る |

重装歩兵(ローマ)

ローマ市民で武装し、市民軍を構成した市民兵士。平民(プレブス)が重装歩兵としてローマの半島統一戦争などに参加し、次第に貴族との身分の平等を獲得していった。

 ギリシアの重装歩兵と同じく、兜・鎧・楯を装備し槍を武器とする歩兵。都市国家ローマの平民(プレブス)(農民や商工業者)で、それらの武器を自弁(自分で調達)することのできるものが市民としての権利を得た。前5世紀の中頃、ローマが他の都市国家と抗争したり、北方からのガリア人の侵入と戦ったりするなかで形成されてきたものと思われる。

重装歩兵農民の没落

 ローマ共和政は中小農民が重装歩兵となる「市民軍の原理」によって軍事力を強め、イタリア半島統一戦争を進めていった。その過程で重装歩兵としてローマの軍事力をになった平民はその地位を向上させ、身分闘争を展開した上で前3世紀中頃までにローマ共和政を成立させた。
 さらに、前3世紀から前2世紀のポエニ戦争マケドニア戦争によって地中海世界を制圧し、各地に属州を設けて行くに従い、戦争が長期化と安価な穀物の流入は中小農民の没落をもたらすようになり、彼らが重装歩兵となって市民軍を編制することが出来なくなっていった。

市民軍制から職業軍人制へ

 その弱体化が表面化したのが前111年に起こったユグルタ戦争であった。そのとき執政官となったマリウスは、大胆な兵制改革を行い、に転換することになる。マリウスの兵制改革は、平民に武装義務を負わせて徴兵するのではなく、無産市民を志願兵として募集し、その中から訓練によって職業的な軍人を育成するものであった。これによって徴兵制から傭兵への転換ということもできる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ア.ローマ共和政