印刷 | 通常画面に戻る |

スラ

前2~1世紀、貴族出身で軍人として活動し、閥族派の代表となった人物。

貧乏貴族の家に生まれ、若い頃は無頼生活を送ったという。ユグルタ戦争・同盟市戦争でマリウスの副官となり勲功をたてる。その後、マリウスと対立、閥族派(保守派)の中心人物と目されるようになり、前88年全権を委任されて小アジアのミトリダテス戦争鎮圧に向かう。スラのいなくなったローマでは平民派がクーデターを起こし、マリウスもアフリカから戻り内乱状態となる。マリウスが前86年に死ぬと、小アジアから戻ったスラが勢力を盛り返し、前82年にはローマ最初の無期限の独裁官(ディクタトル)となり、敵対者をリストにある人物は誰が殺してもいいという「処罰者リスト」に載せ、前81年までに平民派を一掃、グラックス兄弟の改革以前の貴族政に戻した。

スラによる元老院の復権

 東方でのミトリダテス戦争での目覚ましい成果をあげたスラは、凱旋将軍として、莫大な富をたずさえてローマに戻り、元老院を中心とする閥族派の統治体制を再建した。「しかし、共和政の頂点に立つ執政官スラが、兵を率いてローマに攻め入るという、ローマの歴史にかつてない暴挙は、ローマ共和政の実質的な崩壊を意味していた。」<青柳正規『皇帝たちの都ローマ』1992 中公新書 p.28-31>
 民衆派の中核である騎士階級は、グラックス兄弟の改革によって法定での審判人となる権利を獲得していたが、スラによってその権利は剥奪され、審判人は元老院議員だけがなることにこどされた。また、平民会決議は元老院の承認なくしては有効にならず、民会の最高位者である護民官も、その職に就くと他の一切の職につけなくなった。こうして支配体制から平民派は排除された。
 元老院の重要性が増大したため、スラはその議員数をそれまでの300人から600人に増員した。そのため、新しい元老院議事堂を建設した(その遺構は現在、教会堂の下になっているため発掘が出来ない)。同時に隣接した民会の議場(コミティウムといわれる円形議場)の改造も実行、こちらは従来あった共和政の伝統を示す彫刻やモニュメントを撤去してしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ウ.内乱の一世紀