印刷 | 通常画面に戻る |

韓民族

朝鮮半島の主要民族。

朝鮮半島で現在まで文明を継承している民族が韓(ハン)民族。アルタイ語系に属しているとされ、衛氏朝鮮からが漢民族の国家であると現在の韓国では考えられている。衛氏朝鮮が漢の武帝に滅ぼされてから朝鮮の大半は漢の直接支配を受けたが、南部には韓民族が次第に自立してきた。その後は北部はツングース系の高句麗に支配されたが、2世紀頃から馬韓・辰韓・弁韓という三地域(三韓)にわかれ、それぞれに小国家を分立させた。4世紀頃、馬韓の地を百済、辰韓の地を新羅が統一して、三国時代となった。その後、新羅が統一し、高麗を経て朝鮮王朝となり、1897年に大韓帝国と改称、1910年に日本に併合された。第2次大戦後独立を回復したが、北の朝鮮民主主義人民共和国と、南の大韓民国(韓国)とに分断され、現在に至っている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 オ.周辺諸国の形成