印刷 | 通常画面に戻る |

ニューヨーク

1664年、オランダの殖民地ニューアムステルダムをイギリスが奪取して改称。

 現在のニューヨークは、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)の西インド会社が設置したニューネーデルラント植民地の中心地、ニューアムステルダムであった。しかし、周囲をイギリス殖民地に囲まれ、オランダ西インド会社も南米ブラジルとの奴隷貿易などの利益が大きく、植民地での農業経営には熱心でなかったので、停滞を余儀なくされていた。
 第2次英蘭戦争(1665~67年)の直前、1664年にイギリスの国王チャールズ2世の弟ヨーク侯(後のジェームズ2世)の命令で派遣されたフリゲート艦4隻が現れると、抗戦を叫ぶ総督の命令を無視して、町の人びとはすぐに降伏してしまった。こうして同年、ニューアムステルダムの町は40年足らずの命を終わって、イギリス領となり、ヨーク公の名を取ってニューヨークと改名された。以後、ニューヨークはイギリスの北米における13植民地の一つなった。はじめはヨーク公を領主とする領主植民地であったが、後にその南をニュージャージーに分離し、王領植民地となり、独立時の13州の一つとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 イ.イギリス革命