印刷 | 通常画面に戻る |

カラハン宣言

ソヴィエト=ロシア政権が中国に対し、不平等条約の撤廃、旧ロシア権益の放棄などを宣言、国交樹立などをを求めた。1919年の第1次、1920年の第2次宣言がある。日本と欧米の列強の中国進出が図られている中で、中国側に歓迎され、広東の孫文は国共合作に動き、北京政府は1924年5月にソ連と国交を樹立した。

 1919年7月と1920年10月の二度にわたりソヴィエト=ロシア政権の外務人民委員(外相)代理のカラハンの名で中国に対して示された宣言。要点は、ソヴィエト=ロシアが、平和についての布告に基づき、中国人民および中華民国北京政府(軍閥)と孫文広東軍政府の二つの政府に対し、帝政ロシアが中国から奪った利権を無償で返還し、秘密条約をいっさい破棄することを宣言した。
 パリ講和会議でウィルソンの民族自決原則が中国にはあてはめられなかったことに幻滅を感じていた中国国民は、同1919年のヴェルサイユ条約に反対する五・四運動を起こし、日本を初めとする帝国主義諸国の中国侵略に強く抗議を意思を示していた。そこにこのカラハン宣言が現れたので中国民衆派大きな歓迎で迎えた。また、当時中国に存在した二つの政権、北京の軍閥政府と孫文を中心とした広東軍政府のいずれもそれぞれ民衆に推されて対応しようとした。

北京政府の対応

 1919年7月の第1次宣言が出されると民衆が広く歓迎の意向だったため、翌20年、北京軍閥政府はそれに応じることにしたが、北京政府を支援していたイギリスが反対したため、回答しなかった。それを見たソヴィエト=ロシアは同年10月、第2次の宣言を北京政府に向けて出した。国民の間にもソヴィエト=ロシアとの国交樹立を求める声が高まり、1924年5月31日に北京政府はソ連を承認し国交が樹立された。

孫文の対応

 一方、1919年10月、中国国民党を組織した広東軍政府の孫文は、ロシア革命の成功に影響を受けてソヴィエト=ロシアとの接近をはかった。孫文はコミンテルン代表ヨッフェと折衝を重ね、中国共産党との合作を推進、ソヴィエト政権の援助を受け入れて、1924年1月に広州で中国国民党一全大会を開催し、第1次国共合作に最終的に踏み切った。<小島晋治・丸山松幸『中国近現代史』岩波新書などによる>
印 刷
印刷画面へ