印刷 | 通常画面に戻る |

ファシズム

イタリアなど帝国主義の後進地域に生まれた全体主義国家。ドイツのナチス、日本の軍国主義なども該当する。

 ファシズムとは、20世紀前半の帝国主義時代に現れた国家体制の一類型で、独裁権力のもとで議会制民主主義が否定され、強力な軍事警察力によって国民の権利や自由が抑圧される国家体制を言う。全体主義ともいう。
 ファシズムは第一次世界大戦後のイタリアで、ムッソリーニが結成したファシスト党をその最初として、他に典型例としてはドイツのナチ党=国家(国民)社会主義労働者党、スペインのフランコ政権を支えたファランヘ党などがある。また一個の政党ではなく、軍部が権力を握り、政党を大政翼賛会として傘下に置いた1930~40年代前半の日本型ファシズム(天皇制)国家もある。ファシズム国家のもとではナショナリズムが強調され、国家元首への敬礼や国旗や国歌への拝礼が強要され、国家利益が優先されて国民の人権や自由は奪われる。政治は議会や政党は否定されるか、あっても一党独裁のもとで形骸化して民主主義は行われなくなる。なお、先進国であるイギリスやフランスにもファシズム運動は出現したが、いずれも大衆的な広がりにはならず、国家権力を奪うほどにはならなかった。

ファシズムの語源

 ムッソリーニの創設したファシスト党に始まるが、その言葉は古代ローマのファッショに由来する。ファッショは古代ローマの執政官(コンスル)の権威を示す一種の指揮棒のようなもので、小枝(棒)を束ねたもの。権力の象徴とされ、人民を「束ねる」意味があるところから、全体主義を意味する言葉として蘇った。そこから、ファシスト(全体主義者、国家主義者)、ファシズム(その主張)という用語が派生した。ムッソリーニはいたるところで古代ローマを賞賛し、学校ではローマの歴史を重視し、ローマ建国の日とされる4月21日は祭日となり、盛んにラテン語を引用した。<ダカン『イタリアの歴史』2005 ケンブリッジ版世界各国史 創土社 p.319->

ファシズム台頭の背景

 第一次世界大戦後もさらに激しくなった列強の帝国主義の利害対立の中で、1929年に世界恐慌が起きると、ドイツやイタリア、日本のような後発的ないわゆる「持たざる国」の中で、イギリス・フランス・アメリカという「持てる国」に対する世界再分割の要求の中で、軍事力による生存圏の拡張を図ろうとする風潮が生まれた。それを国内的に支持したのは、特に世界恐慌による経済不況に苦しめられた中間層の多数派であった。
 ファシズムは彼らの不満を背景に、旧来の伝統的権力を否定し、国民主体の社会にするという一種の革命幻想を振りまき、中間層を取り込んだ。また、国民を国家と一体化するために、ことさらに民族主義(ナショナリズム)を鼓吹し、民族的な優位を強調して、反面他民族や異民族に対して激しい敵意を隠さず、排除した。各国とも、資本家(財閥)や軍、教会などの保守勢力は当初はこのようなファシズムを危険視して警戒したが、次第に共産主義革命を抑える力として利用と姿勢を変え、容認し、提携するようになった。それがファシズムが権力を握った理由である。それがもっとも顕著に表れたのが、ドイツのヒトラーの主張であり、それを実現したのが、ナチス=ドイツであった。 → その性格については、総統国家/フューラー国家を参照。

人民戦線の意義

 ファシズムの暴力的攻撃に対して議会政治や自由主義を擁護するには、それに対抗する勢力がばらばらであっては力にならなかったことは歴史が示している。それに対抗する勢力、具体的にはブルジョワ民主主義政党、社会民主主義政党、そして共産党などが幅広く結束して、いわゆる人民戦線(民族統一戦線)を構築するしかなかったのであるが、ドイツとイタリアでは社会民主主義政党と共産党は激しく対立し、互いに相手を目前の敵としてたため、ファシズムの台頭を許したとみることができる。

ファシズムに対する闘い

 ドイツとイタリアでナチスとファシスト党の勝利が確定したことは、他のヨーロッパ諸国に大きな脅威を及ぼした。それに対して、コミンテルンはようやく1935年の第7回大会で「反ファシズム人民戦線」の結成を方針とし、スペイン人民戦線フランス人民戦線が相次いで結成され、1936年に選挙で勝利して人民戦線内閣が発足した。
 スペインでは人民戦線政府に対してただちに軍部が反乱を起こし、スペイン戦争が開始され、ドイツとイタリアは積極的に反乱軍を支援した。人民政府への支援はソ連が明確にしたものの、フランスの人民戦線政府は当初はスペイン政府支援を決定したにもかかわらず、政府部内の反ソ派の反対で中止した。結局スペインの人民戦線政府はイギリス・フランスの不干渉政策によって見殺しにされ敗北した。フランス人民戦線内閣はこれをきっかけに内部対立が激化し、結局崩壊した。こうして人民戦線の崩壊によって世界戦争へと突入する。
 アジアにおいては、1931年の満州事変以来の日本の侵略に対し、中国共産党は1935年に八・一宣言で人民戦線の結成を国民党に呼びかけ、36年西安事件を機に国共合作の機運が進んでいた。にもかからず日本軍は1937年に日中戦争に踏み切る。それを受けて第2次国共合作が成立し、「抗日民族統一戦線」による日本ファシズムに対する民族的抵抗が展開されることとなる。