印刷 | 通常画面に戻る |

ドイツ共産党

1918年12月にスパルタクス団が改称。1919年1月の武装蜂起に失敗した後、1920年代にはコミンテルンに属し革命をめざしたがいずれも失敗した。

 ドイツの社会主義運動には、マルクスエンゲルスによる1848年発表の『共産党宣言』以来の歴史がある。マルクス主義を継承したベーベルらとは別に、労働者の権利を社会改良で実現しようとするラサールらの流れが生まれた。この両派は1875年に合同してドイツ社会主義労働者党を結成したが、ビスマルクの社会主義者鎮圧法によって非公然活動に追いこまれた。
 1890年にビスマルクが退陣するとともに鎮圧法も解除されたので社会主義労働者党は公然とした活動を再開するとともにドイツ社会民主党と改称し、翌年のエルフルト綱領でマルクス主義を標榜して社会主義革命を目指すことを明確にした。そのころ、ドイツの工業化が進んだことで労働者階級が大量に生まれ、彼らの支持を背景に社会民主党は党勢を伸ばし、1912年には帝国議会の議席110を占める第一党となった。
 しかし、1914年に勃発した第一次世界大戦は、まだ未熟であった社会主義運動に深い分裂を持ち込む契機となった。社会民主党は戦争を支持し、祖国を守ることが労働者の利益につながると考える勢力と戦争は資本家の利益につながるのみで労働者の生活を破壊するものと受け取り、祖国の防衛よりも国際的な労働者の解放のためには戦争に反対すべきであるというグループが対立するようになった。この対立は1887年に再開された国際社会主義運動である第2インターナショナルの国際連帯も崩壊させた。

ドイツ社会民主党の分裂

 ドイツの第一次世界大戦参戦をめぐって社会民主党の多数派はシャイデマンやエーベルトが指導し、祖国の世界大戦への参加を支持したが、カール=リープクネヒトローザ=ルクセンブルクなどの少数派が戦争への協力を拒否し、分裂が決定的となった。戦争反対派はスパルタクス団というグループを結成、独自の活動を開始し、1917年新たにゴータで独立社会民主党を結成した。独立社会民主党は反戦を掲げて党勢を伸ばし、社会民主党を脅かすようになった。

ドイツ革命

 第一次世界大戦が長期化するとともに総力戦となったために国民生活に深刻な影響が現れた。特にイギリスの海上封鎖もあって食糧不足が深刻になり、小麦やジャガイモが騰貴し、飢饉が発生した。この社会情勢の悪化のなかで戦争反対の声が強まると、スパルタクス団や独立社会民主党は盛んに兵士・労働者に戦争反対を働きかけた。1918年11月3日、キール軍港の水兵反乱が起きると、反戦の声は全国に波及、各地に労兵評議会(レーテ)が組織された。これが、ドイツ革命が始まりであった。

ドイツ共産党

 兵士・労働者をレーテに組織することを指導したカール=リープクネヒトらは、革命の指導部として1918年12月30日にドイツ共産党を組織することを決議した。そのを中心となったのはリープクネヒトとともスパルタクス団を指導したローザ=ルクセンブルクであった。彼らはロシア革命におけるソヴィエトによる権力獲得にならい、レーテへの権力集中によって一気にドイツでもプロレタリア革命を実現しようとして1919年1月5日、武装蜂起に踏み切った。それに対して権力をにぎったドイツ社会民主党政権は、軍と結んで革命阻止に動き、反革命義勇軍を動員してカール=リープクネヒトとローザ=ルクセンブルクを捕らえ、1919年1月15日に二人を殺害した。こうしてドイツ革命は武力で鎮圧され、ドイツの社会主義革命は挫折した。

ナチスによる共産党弾圧

 第一次世界大戦後は、ヴァイマール共和国のなかで、一定の批判勢力として存続し、インフレなどで苦しむ労働者層の支持を受け党勢を拡大する。20年代にはコミンテルンに加盟し、過激な活動を展開し、この時期の共産党の動きもドイツ革命と言われたが、その進出を恐れた資本家側は、共産党勢力を抑える勢力としてナチスに期待するようになる。
 1933年に権力を握ったヒトラーのナチ党により、同1933年2月、国会議事堂放火事件の犯人が共産党員とされたことで非合法化された。ヒトラー政権の下では地下に潜り、党指導部はソ連に亡命した。

東ドイツの社会主義統一党

 第二次世界大戦の戦後、ドイツは東西に分割され、東ドイツでのソ連の主導権が確立すると、戦争中にソ連に亡命していたドイツ共産党党員は東ドイツに戻った。ドイツに戻った共産党指導部はソ連の軍事力を背景に、社会民主党との合同を強行し、社会主義統一党(SED)を組織した。社会主義統一党はドイツ共産党の後継政党として、ドイツ分裂後のドイツ民主共和国(東ドイツ)の一党独裁体制のもとで体制政党として社会主義建設を進めた。東ドイツはソ連の衛星国家と位置づけられ、党はソ連共産党とコミンフォルムの指導が続いた。スターリン体制とその後の東西冷戦下で次第に社会主義体制が硬直化し、1989年の東欧革命の時期を迎えることとなる。
印 刷
印刷画面へ