印刷 | 通常画面に戻る |

大韓帝国

下関条約で清から独立を認められた朝鮮が、1897年に国号を変更した。1910年、日本に併合され消滅した。

朝鮮は17世紀以来、清の宗主国を認め、事実上の属国となり、清の皇帝から、朝鮮国王に冊封されるという形式をとっていた。1894年、日清戦争に敗れた清朝は下関条約で朝鮮を独立国と認めたため、その影響力は排除されたが、今度は日本とロシアの干渉が激しくなり、親日派と親露派が生じて対立するようになった。高宗の后であり実力者の閔妃は次第にロシアに近づいたため、日本は警戒し、1895年には閔妃暗殺事件を引き起こしている。
 1897年10月には独立国家であることを明示する措置として、国号を「大韓帝国」とした。朝鮮国王の称号も清と同格の「皇帝」に改め、同時に高宗が即位し、正式には「大韓光武皇帝」と称した。一般にその略称を「韓国」と言い、1910年の日本の韓国併合までつづく。

日露戦争と大韓帝国

 1904年に日露戦争が始まると、大韓帝国は局外中立を宣言したが、2月9日に日本軍が仁川に上陸、ただちに京城に入って軍事的圧力をかけ、軍事行動への協力を約束させられた。5月にはロシアと締結していた条約すべて破棄し、8月には第1次日韓協約で、財政・外交での日本政府の推薦する顧問の採用、条約その他の重要外交案件は日本政府と協議することを承認した。また、1905年には第2次日英同盟で、イギリスは日本の朝鮮での優越権を認めた。そして日露戦争が日本優勢のうちに講和し、ポーツマス条約が締結されて、日本の大韓帝国に対する優先権をロシアが認め、他の列強もそれに異議を挟まなないという結果となった。

大韓帝国の消滅

 これを受けて日本は大韓帝国に対し、同年に第2次日韓協約によって外交権を接収して韓国統監府を置き、1907年には第3次日韓協約によって韓国軍を解散させるなど、国家主権を奪い保護国化を進めた。それに対しては、朝鮮民衆の激しい反日闘争である義兵闘争が展開され、高宗がハーグの万国平和会議に密使を派遣して日本の不正を訴えたハーグ密使事件など国際世論への訴えもあったが、帝国主義諸国によって黙殺された。日本は、韓国を保護国として監督するのではなく、直接統治に転換することを決定した。その後、1909年に前韓国統監伊藤博文が安重根によって暗殺されたことを受け、1910年に韓国併合を強行して、大韓帝国は消滅した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 ウ.日本の韓国併合