印刷 | 通常画面に戻る |

元の滅亡

元は内紛で衰退。白蓮教徒の乱が起こり、1368年に明が建国される。

ではフビライ=ハンの死去(1294年)以後、その孫の6代成宗(テムル)が13年統治した後急死し、子がなかったのでまた帝位継承で問題が起き、7代には甥のカイシャン(武宗)が即位、それも数年で死去したため兄弟の8代アユルバルワダ(仁宗)が継承、次は子のシディバラ(英宗)となった。これらの皇帝位の継承をめぐって皇太后などの介入がしばしば事態を複雑にし、争いが絶えなかった。最後の皇帝順帝が即位するまでの40年間に9人の皇帝が交替し、激しい権力闘争は政治不安を増していった。特に仁宗・英宗の時代(1311~23年)は官僚が台頭し、科挙の一時的復活など、中国風の統治が強まる一方、チベット仏教が過剰に保護された。宮廷の奢侈生活のために交鈔が濫発され、インフレ(物価上昇)が続いて、民衆生活は苦しくなっていた。
 そのような社会不安の強まる中、1351年に白蓮教徒という宗教秘密結社が蜂起し、それが紅巾の乱という全国的な反乱につながった。紅巾の乱の中から生まれた朱元璋の勢力は、紅巾の乱を鎮定した後、1368年南京で明を建国し、同年、大軍によって大都を攻撃、元の皇帝順帝(トゴンテムール)は大都を放棄し北上したが上都(夏の都)も陥落し、元は滅亡した。モンゴル討伐の明軍はさらに山西、陝西方面からもモンゴル軍を一掃し、1370年に南京に凱旋した。モンゴル高原に引き下がったモンゴル人は「北元」を称して存続し、明にとってあなどりがたい存在として存続する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 エ.モンゴル帝国の解体