印刷 | 通常画面に戻る |

科学的社会主義

マルクス、エンゲルスによって創始された資本主義を克服をめざす思想。

資本主義社会の矛盾を科学的に追求し、社会の変革をめざす思想。イギリスのロバート=オーウェン、フランスのサン=シモンフーリエなどの空想的社会主義・ヘーゲルやフォエルバッハなどドイツ哲学・イギリスの古典派経済学を批判的に摂取し、単なる思想に止まらず、資本主義社会の克服、現実の労働者の解放、をめざす革命運動を指導した。19世紀中葉の資本主義勃興期にドイツのマルクスエンゲルスによって体系づけられ、社会主義運動は大きな潮流となり、帝国主義の矛盾が激化する中で最初の社会主義革命であるロシア革命(1917年)を実現した。 → 帝国主義下の社会主義運動
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 エ.社会主義思想の成立