印刷 | 通常画面に戻る |

五・三〇運動

1925年、国共合作期に上海で起こった中国の反帝国主義闘争。

 1925年5月30日、第1次国共合作の時期に上海租界での中国人労働者殺害事件から発した大規模な反帝国主義運動。きっかけとなった事件は「五・三○事件」という。
 1925年5月、上海で日本人経営の在華紡の工場でのストライキ中に日本人監督が中国人組合指導者の一人を射殺した。それに抗議した学生が抗議行動をおこなって多数が逮捕された。5月30日その裁判がおこなわれる日に青島でも日本資本の紡績工場で争議中の労働者が奉天派軍閥の保安隊によって射殺される事件が起き、抗議行動が一気に爆発し1万人の市民・労働者が集まった。上海南洋大学の学生を先頭にした「上海人の上海を」や「租界を回収せよ」と叫ぶデモ隊と上海租界のイギリス警官隊が衝突、警官隊の発砲によって13名の死者が出た。この事件を契機に上海総工会(労働組合)ではゼネストを指令、イギリス・日本・アメリカ・イタリアの各租界当局が陸戦対を上陸させ弾圧した。運動は香港にも広がり、ストライキを弾圧するイギリス・フランス軍により52名の労働者が殺害された。香港のストライキ(省港スト)は翌年10月まで続き、香港は麻痺状態に陥った。

在華紡

 在華紡とは、日本資本が中国内に設立した紡績会社のこと。1925年の五・三○運動のきっかけとなったのは、上海の在華紡である「内外紡績」の工場でのストライキで中国人労働者の一人が日本人監督によって射殺された事件であった。これを機に上海と青島にあった30ほどの在華紡の工場にストライキが広がった。

五・三〇運動の意義

 五・三○運動は第1次国共合作のもと、労働者・市民・学生が立ち上がった反帝国主義運動であり、世界的な衝撃を与えた。7月には広東に国民政府が成立し、翌年には国民革命軍による北京軍閥政府に対する北伐が開始されることとなる。反面、国民党の中に、労働者の革命的な動きとそれを指導する中国共産党の進出を恐れる右派が形成され、第一次国共合作は次第に困難になり、分裂に至ることとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ウ.国民党と共産党