印刷 | 通常画面に戻る |

ブルシェンシャフト/ドイツ学生同盟

1817年、ウィーン体制下のドイツで学生が中心になって起こした自由と統一を目指す自由主義・国民主義の運動。

 ウィーン体制下のドイツで起こった、自由主義ナショナリズムの結びついた運動を起こした学生組織。ブルシェンシャフトはドイツ学生同盟のことであり、その運動は学生組合運動ともいう。
 ブルシェンシャフトは1815年6月、ドイツ主義の体操家ヤーンを精神的指導者として、ナポレオン戦争の戦場帰りの学生を中心にイエナ大学に生まれた新しい学生組合であった。まだ「決闘の美風」を残し、ユダヤ教徒を排斥したが、祖国としてはただ一つドイツがあるのみとして、「名誉・自由・祖国」をスローガンとし、黒・赤・金(解放戦争の一義勇軍団の軍服の配色に由来する)を旗印にした。この運動は、中部ドイツのイエナから南北ドイツの諸大学に広まった。

ブルシェンシャフトの蜂起

 1817年10月、宗教改革300年祭とライプツィヒの戦勝記念祭を兼ねた祝祭を11大学500人の学生を集め、ルターゆかりの古城ヴァルトブルク城で開催した。その夜、一部の急進派の学生が反動的書物や法規を焚書したことが各国政府を驚愕させた。1819年3月過激派の一学生が、当時ロシアのスパイと目されて学生の憎悪の的となっていた劇作家コッツェブーを暗殺する事件が起き、メッテルニヒは本格的な弾圧を決意する。

カールスバート決議

 オーストリアの宰相メッテルニヒドイツ連邦内の自由主義ナショナリズムを抑え込むために、1819年、カールスバードに連邦の主要国の大臣会議を招集し、言論統制や大学への監視強化などを申し合わせた。これはカールスバードの決議と言われ、9月20日にドイツ連邦議会で採択された。これによって、ドイツのブルシェンシャフト(学生同盟)運動は厳しく弾圧されることとなり、衰退を余儀なくされた。なお、カールスバードはボヘミア(現在のチェコ)にある有名な温泉保養地。

ウィーン体制の同様と崩壊

 メッテルニヒがカールスバート決議を成立させたのは、ドイツだけでなく、全ヨーロッパでウィーン反動体制に対する自由主義、ナショナリズムの運動が高揚しつつあったことへの対応であった。このあと、1820年にイタリアではカルボナリ(炭焼党)は北イタリアをオーストリア支配から解放し、イタリアの統一を求めて蜂起した。オーストリアは武力でその反乱を鎮圧した。同年、ブルボン王朝支配下のスペインではスペイン立憲革命が起こった。1825年には保守反動勢力の中心勢力とみなされヨーロッパの憲兵と言われていたロシアでデカブリストの反乱が起こった。オーストリアは領内のポーランド人やハンガリー人の独立運動も抱えており、自由主義・ナショナリズムの高揚には神経をとがらさざるを得なかった。事実、1830年にフランスで七月革命が起きるとその影響が広がり、ポーランドの反乱ドイツの反乱イタリアの反乱が相次いで起きている。
 メッテルニヒの権力はさらに40年代まで続いたが、ついに1848年、フランスの二月革命がウィーンにも飛び火し、ウィーン三月革命が勃発してメッテルニヒはついに失脚することとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 イ.ウィーン体制の動揺