印刷 | 通常画面に戻る |

セシル=ローズ

19世紀末、イギリスのケープ植民地現地政府の首相として、植民地拡大を強行、ローデシアを建設した。その強引な手法が批判され1896年に辞任したが、その路線は本国植民地相ジョセフ=チェンバレンが継承し、南ア戦争(1899~1902年)へとつながった。

セシル=ローズ
アフリカ縦断政策を進めるセシル=ローズの風刺画。カイロとケープタウンを足で押さえている。
 イギリス人で南アフリカのケープ植民地首相(在任1890~96年)となり、本国の植民相ジョゼフ=チェンバレンと並んで、イギリス帝国主義を押し進めた人物。

ケープ植民地首相となる

 1870年にイギリスから南アフリカに渡り、ダイヤモンドの採掘に成功して巨富を得、さらにトランスヴァールの金鉱を独占した。ケープ植民地は1872年に自治が認められ、ローズは84年に植民地政府の大蔵大臣、90年に首相になった。

ローデシア建設

 さらにヨーロッパ列強によるアフリカ分割の競争が激しくなると、カイロとケープ植民地を結ぶアフリカ縦断政策を推進しようとして、ケープ植民地の北方に遠征軍を送り、イギリス領植民地に編入した。彼が獲得した地は後に彼の名をとってローデシア(現在のジンバブエ)と名付けられた。また、ブール人の国トランスヴァール共和国オレンジ自由国の併合を策し、1895年に部下を使って侵入を試みたが失敗し、その強引なやり方が批判されて、翌1896年、植民地首相の地位を退いた。

ジョセフ=チェンバレン

 同年に本国の植民地相となったジョセフ=チェンバレンはセシル=ローズの植民地拡大策を実現しようとして、トランスヴァール共和国への介入を強め、ついに1899年の南アフリカ戦争※の勃発となり、激戦の末、1902年にイギリス直轄植民地とされた。
※注意 教科書などでは、ジョゼフ=チェンバレンとセシル=ローズが協力して南アフリカ戦争を起こしたような説明になっていることが多いが、戦争勃発のときは、すでにローズはケープ植民地首相を辞任しているので注意すること。ジョセフ=チャンバレンがローズの意図を継承し、南ア戦争を遂行して南アフリカ植民地化を遂げたと言うのが正しい。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章2節 ア.アフリカの植民地化