印刷 | 通常画面に戻る |

建艦競争(イギリスとドイツの)

建艦競争
建艦競争

19世紀末から第一次大戦期までドイツとイギリスが軍艦の建造を競った軍備拡張競争。

 ドイツ帝国ヴィルヘルム2世世界政策のもとで、イギリスに対抗できる海軍力の建設を進めた。主として海軍大臣のティルピッツによって計画、推進された。
 1898年の第1次と、1901年の第2次の建艦法で、艦隊建造予算は単年度ではなく数年にわたる予算として決定し、議会の抵抗を抑えた。このドイツの海軍拡張は当然イギリスを刺激し、両国による激しい建艦競争が展開された。イギリスが1905年にドレッドノート級(弩級)戦艦の建造に着手すると、ドイツも計画を拡大、さらに1908年には毎年4隻の戦艦建造を計画した。それに対してイギリスは「二国標準主義」を唱え、ドイツの4隻に対して8隻建造する計画を立てた。

ティルピッツの「危険」理論

 帝国主義の全地球的な拡大によって、海軍力が世界の強国としての地位を得る条件であると考えられるようになり、各国が海軍の強大化を競ったが、そのなかでも特に急激な艦隊の建設を推進したのがドイツでり、それを提唱したのが海軍大臣ティルピッツであった。ティルピッツは、他国がドイツ海軍と戦う場合に、それによって危険にさらされることを覚悟しなければならない程度にドイツ海軍を強化するという理論(?)をたて、それは「危険」理論といわれた。このティルピッツの理論は、ドイツの世界政策をささえるものでもあった。<岡部建彦『二つの世界大戦』世界の歴史20 1978 講談社 p.15>

Episode “超弩級”の意味

 最近はあまり聞かれないが、以前は良く“超弩級の大作”とか“超弩級のスペクタクル”などと映画の宣伝によく使われていた。この“超弩級”とは、弩級を超えるという意味で、弩級とはイギリスの戦艦ドレッドノート号クラスのこと。超ド級と書いてもよい。ドレッドノート Dreadnought とは「恐れを知らない」という意味で、ドレッドノート号は1906年に建造された排水量17900トンで30センチ砲10門を備えていた(広辞苑)。それを超える大型戦艦を超弩級といったわけで、建艦競争時代の言葉だった。日本でも大正年間からよく使われる言葉となり、ますます大艦巨砲時代に突入した第二次世界大戦期には、超ド級と称して戦艦「大和」や「武蔵」を建造したが、航空機の発達で無用の長物になってしまった。

海軍軍縮へ

 建艦競争は留まることを知らず、ついに第一次世界大戦を迎えた。大戦後、国際協調の気運が高まる中で、平和維持のためには列強と言われた国々が歩調を合わせて軍備拡張路線を放棄する必要が認識されるようになり、特に海外領土獲得手段としての海軍力の制限が課題となった。その最初の成果は、1921年からのワシントン会議によって翌1922年にワシントン海軍軍備制限条約が締結された事に現れた。これは主力艦を対象としたものであったが、その締結によって新規の戦艦建造はできないことになったので建艦競争の時代は終わり、海軍休日(建艦休日)といわれる時代となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章2節 エ.列強の二極分化とバルカン危機