印刷 | 通常画面に戻る |

唐の仏教

唐時代に中国の仏教は隆盛期を迎え、また中国独自の発展を見せた。

隋唐時代に中国仏教が確立した。7世紀には玄奘がインドから仏典をもたらし、また義浄もインドに渡り、ともに多数の経典をもたらし、新たな経典の翻訳も行われた。唐王朝は道教を国教としていたが、仏教も貴族の信仰を受けていたので、保護されるとともに国家統制が加えられ、官寺や僧官が設けられてた。北朝以来の鎮護国家仏教が続いたと言うことができ、日本の国分寺制度や東大寺大仏建立もその制度を模倣したものであった。

新しい宗派の成立

 また唐代では経典の新訳が行われ、その研究が進んだ結果、どの経典を重視するかによっていくつもの宗派に分かれ、中国独自の発展をする宗派も現れた。まず7~8世紀初めの則天武后の時代には華厳宗が盛んになり、大仏の造営などが行われた。その他、戒律に基づく宗派が律宗、玄奘のもたらした『成唯識論』にもとづいて成立したのが法相宗である。一方で中国独自に展開した天台宗末法思想から始まった浄土宗も起こった。このころインドでは仏教の衰退期にあたり、密教化していたが、その密教も中国に伝えられ、独自に発展し、8世紀には加持祈祷が宮廷の貴族に流行し、真言宗が成立した。さらに6世紀にインドの達磨が伝えた坐禅の修行を中心とした禅宗も、唐代の中国で独自に発展した。これらの天台宗、密教(真言宗)、禅宗は平安時代から鎌倉時代にかけて日本に伝えられ、日本仏教が形成された。

弾圧と変化

 仏教は唐代では主として貴族に信仰される宗教であり、民間には道教が盛んであった。唐王朝のもとで仏教と道教は論争を繰り返し、たびたび対立した。道教側に立った時の政権によって、前代から総称して「三武一宗の法難」という弾圧があったが、特に武宗の廃仏(会昌の廃仏)によって仏教は打撃を受け、一時衰退した。復興してからの中国仏教はもはや鎮護国家的な経典研究中心の仏教ではなく、禅宗と浄土宗という実践を重んじ民衆に根をおろした仏教が中心となっていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化