印刷 | 通常画面に戻る |

徴兵制

1793年、フランスの国民公会で国民から兵士を挑発動員する徴兵制度を決定した。これによって中世の傭兵制度にかわる近代国家の国民軍が創設された。

 フランス革命が進行する中、王政を革命から守るための外国からの干渉が強まると、革命を防衛するための戦争が始まった。1792年4月の対オーストリア開戦に始まり、オーストリア・プロイセン・フランス亡命貴族の連合軍との戦争―フランス革命戦争ともいう―が続いた。当初は革命派が呼びかけに応じて自ら志願したサンキュロットなどの義勇兵が主力となり、92年9月のヴァルミーの戦いの勝利をもたらした。さらに1793年初頭のルイ16世処刑、フランス軍のベルギー占領などにたいして、イギリスを中心とした対仏大同盟(第1回)が結成され、イギリス・オランダ・スペインなどに対して宣戦布告し、ほぼ全ヨーロッパと戦うことになった。

徴兵制の制定

 このような戦線の拡大に対して、1793年2月22目に国民公会は一般国民から兵士を徴募(ただし独身者のみ)することを決議した。当初は、30万人の必要兵士数を自治体に割りあて、抽籤によって兵士を選定することとした。
 ついで、8月23日には「国民総動員令(国民総徴兵法ともいう)」が成立、18歳から25歳までの青年男子全員を動員し、百万人規模の国民皆兵の態勢に入った。この国民皆兵体制の創設には公安委員会のサン=ジュストとカルノーがあたった。さらに1798年には徴兵制度が成立する。

徴兵制の意義

 絶対主義諸国間の戦争は、主として君主が金銭で兵士を雇ってくる傭兵で戦われていた。戦争は国民とは関係のないところで行われていたわけで、各国の将軍たちも戦闘も全面的な対決を避け、いかに戦わずして相手を威圧するかを作戦の主眼にすえ、実際に戦闘が行われても、傭兵は不利とみると戦場を勝手に離脱してしまうことが多かった。そのような傭兵主体の戦いの様相を一変させたのが、フランス革命で登場した徴兵制による国民皆兵の軍隊であった。彼らは個人的な損得ではなく、国家や革命の存続を担って、戦争に従軍し、しかも全面的な戦闘を挑んだ。このような徴兵による近代的な常備軍の制度はフランス革命期から始まる。 → 国民軍の形成(フランス)

革命軍の性格

 革命政府は国民軍内部の体罰や身分差別を撤廃し、革命軍としての戦闘意欲を高めることに成功した。また能力本意で将軍を抜擢し、貴族出身の将校は退けられ、兵士の選挙で才能あるものが昇進し、有能な下士官から公安委員会が将軍に抜擢した。その中から、オシュ、ジュルダン、ネイ、そしてナポレオンなどの名将が出現することになる。

徴兵制反対の農民反乱

 しかしこの強制的な兵士徴募には革命機運の高まっていた都市から離れた農村部では反発が強く、3月にはヴァンデーの農民反乱が起こり、革命政府はその弾圧に苦慮した。このヴァンデー地方の農民反乱は反革命の運動の一つとして1798年までくすぶり続けた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第11章3節 ウ.戦争と共和政