印刷 | 通常画面に戻る |

トリノ

イタリアのピエモンテ地方の中心都市でサルデーニャ王国の都で有った。1861年にイタリア王国が成立するとその最初の首都となる。1865年、首都はフィレンツェへ、さらに1871年にはローマに移る。

トリノ YahooMap

 北西イタリアのピエモンテ地方の中心都市。ピエモンテ地方とサルデーニャ島をあわせて領有していたサヴォイア家サルデーニャ王国の都であった。

カルボナリの蜂起

 ピエモンテ地方はフランスと接しているので、フランス革命・ナポレオン時代にその影響を強く受けた。サルデーニャ王国はウィーン体制時代にはフランスに備える勢力の一つとしてメッテルニヒに期待され、国王ヴィットリオ=エマヌエーレ1世も保守反動姿勢を強め、自由主義や民族主義運動に対する弾圧を強めていた。それに対して、自由主義や立憲主義を掲げる秘密結社カルボナリがトリノでも生まれ、彼らは1820年のナポリに続き、1821年3月にトリノで蜂起し、一時国王妥協して憲法制定を認めるところまでいった。しかし、カルボナリの蜂起は明確な革新プランがなく、幅広い民衆の支持もなかったので、ナポリと同じようにメッテルニヒが派遣したオーストリア軍によって鎮圧されてしまった。

イタリア王国の最初の都となる

 1848年には、サルデーニャ王国に開明的な国王カルロ=アルベルトが現れ、ロンバルディア・ヴェネティアの解放を目指しオーストリアに対して開戦(第一次イタリア=オーストリア戦争)し敗れたが、次のヴィットーリオ=エマヌエーレ2世には首相カヴールによるイタリア統一戦争が開始された。このイタリア統一運動は、サルデーニャ王国を軸に進んだが、一方で青年イタリアの流れをくむガリバルディがシチリア、南イタリアを征服し、その地をサルデーニャ国王に献上するという形となったため、1861年3月にイタリア王国が成立し、トリノはその首都ともなった(1865年まで)。
 なお、隣接するサヴォイアニースはイタリア領であったが、1860年に住民投票でフランスに併合した。その代償として、中部イタリアのトスカーナとロマーニャなどで住民投票によってイタリアに併合することをフランスに認めさせた。イタリア王国の重点は次第に半島中部に移って行き、1865年からトリノはその首都の地位を、トスカーナ地方のフィレンツェに譲った。さらにイタリア王国はローマ教皇領を併合した後、1871年にローマを首都とすることとなる。
 現在では自動車工業など代表的なイタリアの工業都市として発展、2006年には冬季オリンピックが開催され、女子のフィギアスケートで日本の荒川静香選手がイナバウアーを決めて優勝した。
印 刷
印刷画面へ