印刷 | 通常画面に戻る |

中ソ友好同盟相互援助条約

1950年、中華人民共和国とソ連が締結した、日本を仮想敵国とした軍事同盟。しかし、50年代後半から中ソ対立が始まり、事実上同盟関係は解消されたが、形式的には79年、中国が一方的に継続拒否を通告、80年に破棄された。

 1950年2月に中華人民共和国ソ連邦の間で締結された軍事同盟。建国間もない中華人民共和国は、台湾の国民党政権がアメリカの支援を受けて「大陸反攻」をうかがうという情勢下でソ連との提携を強め、1949年12月、毛沢東がモスクワを訪問してスターリンと会談、翌50年2月、中ソ友好同盟相互援助条約を締結した。

日本を仮想敵国とした軍事同盟

 中ソ同盟は「日本軍国主義とその同盟者」を仮想敵国とし、アメリカが日本の軍事基地から中国を攻撃することを想定して共同防衛にあたること、3億ドルの借款協定などが内容であった。これによってソ連が蔣介石の国民政府(中国)と締結(1945年8月15日)していた中ソ友好同盟条約は破棄された。
 東西冷戦が深刻化するなか、社会主義国である二国の軍事同盟として機能し、この条約の下で中国は1950年6月に勃発した朝鮮戦争に参戦し、アメリカ軍と対決することになる。

中ソ対立と同盟関係の解消

 しかし、1950年代後半から中ソ対立が始まったために次第に関係が悪化、1959年にはソ連が中ソ技術協定破棄を中国に通告し、同盟関係は事実上解消された。
 その後、中ソ対立は深刻度を加え、60年代後半からの文化大革命の時期には69年の珍宝島事件など中ソ国境紛争が頻発し、両国関係は極度に悪化した。
 1976年に毛沢東が死去し、文化革命も沈静化が始まったが、1979年に中越戦争が起こると、中国(華国鋒政権)はソ連がベトナムを支援したことから、中ソ友好同盟相互援助条約が定められた30年間の期間が終了したことから、その延長拒否を通告、それによって1980年に同条約は破棄された。

中ソ関係尾正常化

 しかし、中国ではそのころから鄧小平の改革開放路線が始まり、ソ連においても1985年にゴルバチョフ政権のペレストロイカが始まり、中ソ関係にも改善の気運が高まり、1989年にゴルバチョフが中国を訪問して中ソ関係の正常化
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 イ.ヨーロッパの東・西分断