印刷 | 通常画面に戻る |

ドイツ軍のポーランド侵攻

1939年9月1日、ドイツ軍が侵攻を開始し第二次世界大戦が勃発、1ヶ月でその西部を占領した。同時に東からソ連軍が侵攻し、ポーランドは分割されることになった。

 ドイツのヒトラーは、1938年にオーストリア併合を実行し、ミュンヘン会談宥和政策をとるイギリス・フランスの妥協を引き出し、ズデーテン地方割譲に続くチェコスロヴァキア解体に成功した。さらにリトアニアからメーメル地方を奪ったヒトラー・ドイツは、次にその矛先をいよいよポーランドに向けてきた。すでに1935年に表明していた、ヴェルサイユ条約で自由都市とされていたダンツィヒの併合と、ポーランドに対するポーランド回廊での鉄道建設などの自由通行の要求を、1939年に改めて突きつけたのである。
 ポーランド侵攻を計画したヒトラーは、1939年8月23日に独ソ不可侵条約を締結してソ連と手を結んだ。イギリスはここに至ってようやく宥和政策を棄て、ポーランド支援を明確にし、25日にイギリス=ポーランド相互援助条約を締結、フランスもそれに倣った。

第二次世界大戦の開戦

 1939年9月1日、のダンツィヒ(グダンスク)を親善訪問中のドイツ巡洋艦シュレスヴィヒ・ホルスタイン号が、突如ポーランド守備隊に対して砲撃を開始した。ナチス・ドイツは開戦の理由としてポーランド国内でドイツ系住民が虐待されていることをあげ、その保護を掲げたが、虐待の事実はなかった。ヒトラーの大義名分は、ヴェルサイユ条約で失ったドイツ領を回復することであり、それによって東方への「生活圏」を拡大する意図から始まめた戦争であった。これによって第二次世界大戦が始まった。

ドイツの電撃戦

 ドイツは3日にはイギリスとフランスに宣戦布告し、両国もポーランドとの相互援助条約があるので対ドイツ宣戦布告を発した。しかしイギリス・フランスはポーランドに援軍を送ることはせず、見守るだけだった。ドイツも当面はポーランド侵攻に集中し、対仏国境の西部戦線では「奇妙な戦争」と言われるにらみ合いが続いた。一方、ポーランド戦線では、ヒトラーは電撃戦を成功させ、9月10日、ドイツ軍はポーランド主力を破り、わずか1ヶ月でポーランド占領に成功した。またソ連も独ソ不可侵条約の密約にもとづき、東側からポーランドに侵攻し、ポーランドはドイツとソ連によって分割されてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ア.ナチス=ドイツの侵略と開戦