印刷 | 通常画面に戻る |

旅順/大連

1898年、ロシアが清から租借した遼東半島南端の軍港(旅順)と商業港(大連)。日露戦争で日本が租借権を継承、関東州と称して関東軍を置き南満州鉄道の起点とした。1915年、二十一カ条要求で租借権を99年間延長を認めさせ、満州進出の拠点とした。ヤルタ協定秘密協定でソ連の権益が保障され、戦後ソ連軍が駐留。1955年に中国に返還された。

現在の大連市 GoogleMap

 遼東半島南部の最先端に位置する港が旅順。その東に位置するのが大連。現在は大連が商工業の発達した大都市であり、旅順はその郊外の港となっている。いずれも渤海湾の入口を制する重要な位置にあり、1878年に清は旅順に北洋艦隊の要塞を設けた。日清戦争の際、日本軍が占領し、このとき日本軍は旅順の市民を多数殺害し、外国の新聞がそれを報じて、世界的な非難を浴びる事件が起こっている。
 下関条約で旅順・大連を含む遼東半島は日本に割譲されることとなったが、ロシア・フランス・ドイツの三国干渉によって、清に還付された。その後、満州方面に進出してきたロシアが、1898年の列強の中国分割の中で、旅順と大連を併せて租借した。ロシアは旅順に要塞を築き、日本との戦いに備え極東艦隊の基地とした。

日露戦争

 日露戦争では日本軍が旅順を155日間にわたる激戦の末に占領した。その結果、ポーツマス条約によって日本は遼東半島南部(旅順・大連)の租借権をロシアから継承することとなった。日本はこの地を関東州と称し、海軍の基地及び関東軍司令部を置き、南満州鉄道とともに日本の大陸侵出の足場とし、1915年には二十一カ条の要求で租借期限を99ヵ年に延長をみとめさせた。 → 満州 東三省

第二次世界大戦後の旅順・大連

 第二次世界大戦中1945年2月のヤルタ会談で成立したヤルタ協定の秘密条項で、ソ連の旅順租借権の回復、大連に関する優越的地位が保障された。戦後、1945年8月にソ連と中華民国政府の中ソ友好同盟条約でそれが認められ、ソ連は30年間の自由港として使用することとなり、スターリンはソ連軍を駐留させた。
 その後もソ連軍の使用が続いたが、国共内戦によって国民党が破れ、1949年に中華人民共和国が成立すると、新政権は旅順・大連の返還をソ連に要求、それは中ソ間の課題となった。スターリンの死去後、フルシチョフ政権下の1955年にソ連軍は撤退し、中国に返還された。<下斗米伸夫『アジア冷戦史』2004 中公新書 p.98>

Episode 大連の街

 大連の地は19世紀末までは青泥窪という小さな漁村に過ぎなかった。1898年、旅順とともにこの地を租借したロシアはダルニーと名付けて軍港を築き、極東進出の足場にしようとした。1905年に日本が租借権を引き継いだとき、大連と変えられた。第二次世界大戦後にはソ連軍が駐留し、55年にようやく(というか初めて)中国のものとなった。旅順と合併して、旅大市となり、昭和56年には大連市となっている。このように大連はロシアが建設し、長くロシア人が住んでいたので独特の街作りをしている。戦前の大連で女学校時代をすごしたジャズピアニストの穐吉敏子さんは大連をこんな風に回想している。
(引用)……大連は確かに大都会、それもロシア人が都市設計をしたことが大きな理由だと思うが、ヨーロッパのにおいがプンプンしていた。車輪状というのだそうだが、広場があって、そこから放射状にいくつかの通りが出ており、その通りがまた別の広場にうながっている、という形だった。一番大きいのが大広場で、満鉄ビル、優雅な大和ホテル、銀行などがこの広場を囲んでいた。……<穐吉敏子『ジャズと生きる』1996 岩波新書 p.14>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

穐吉敏子
『ジャズと生きる』
1996 岩波新書

下斗米伸夫
『アジア冷戦史』
2004 中公新書